アトピー性皮膚炎の治療に用いられるステロイドは、副腎皮質ホルモンといい、本来、体の中にあるものです。

アトピー用ステロイド外用薬 リンデロン軟膏

ステロイドの効果としては、

・炎症を抑える作用

・ストレスに対抗する作用

などがあり、アトピーにステロイドが使用される理由は、「炎症を抑える作用」のためです。(良く誤解されるのですが、ステロイドは痒みを抑える為の薬ではないので、ステロイドを塗っても痒みは収まりません。後述しますが、炎症を抑える事により、痒みも治まるわけです。)

副腎皮質ホルモンは、体の塩分・糖分を調節し、免疫・代謝などのバランスを整える作用があります。

よって、ステロイドは体にとって必要なホルモンで、体からなくなると生きていけません。

現在、流通しているアトピーのステロイド外用薬は、炎症を抑える効果を強めた合成副腎皮質ホルモンです。

ステロイド外用薬の効果としては、湿疹と炎症を抑える事により、結果としてかゆみを抑えてくれる事があげられます。

ステロイド外用薬の副作用

アトピーの炎症を抑える効果の有るステロイド外用薬ですが、デメリットも有ります。

強力なステロイド外用薬を長期に渡って塗り続けると、副作用が出る可能性があります。

どのような副作用があるかというと

・皮膚が薄くなる(皮膚萎縮)

・皮膚の下の血管が大きくなり、皮膚が赤くなる(「酒(しゅ)さ」と呼びます)

・うぶ毛が濃くなる(「多毛」と呼びます)

・にきび、毛の周りが赤くて痛い(「毛嚢炎(もうのうえん)と呼びます」)

・湿疹の部分がジクジクしたり、痛い(細菌、かびなどの皮膚の感染症の影響)

等が指摘されてる他、紫外線を浴びると色素沈着する事も指摘されています。

ステロイドの副作用についての知識を持たない方々に対しては、恐怖心をあおるのに充分です。

しかし、これらの副作用は、あくまでも大量のステロイド剤を飲み薬や点滴などの方法により、長期間にわたって全身に投与した場合のことなのです。

皮膚に塗るタイプの“ステロイド外用剤”の目的は、局所的に作用させることですので、使用期間を守らず長期間使用し続けるなど特殊な例で「皮膚が薄くなる、血管が浮き出る」ことを除いては、全身はもちろん、局所的にも副作用が現れることは、まず無いといっていいそうです。

むしろステロイド外用剤の薬効を味方につければ、短期間でしっかりと炎症を抑える効果が期待できます。

現在、病院で処方されたり、薬局で購入できたりするステロイド外用剤は多くの厳しい審査をくぐり抜けて販売されているものばかりです。

ですから基本的には、薬の説明書に書いてある注意事項を守って正しく使用すれば、心配はありません。

主治医の先生の指導の下、ステロイド外用剤を上手に利用して、短期間できっちり治療することを心がけましょう。

因みに私はステロイドの塗り薬の他、点眼薬を現在常時使用しています。また、本当に症状がひどかったっ時は、ステロイドの内服薬も服用しました。

副作用に関しては、主治医の先生、そして薬剤師さんに相談するのが一番良いでしょう。

アトピーステロイド外用薬 デルモベート軟膏

ステロイド外用薬の塗り方

ステロイド外用薬の塗り方に関しては、処方して下さったお医者さま、あるいは薬剤師さんに聞くのが一番ですが、ここでは一般的な事を綴ろうと思います。

まず、準備として、患部が清潔な状態かチェックしてみましょう!

汚れた皮膚にステロイド外用剤を塗っても、薬の効果が十分に発揮できません。皮膚の汚れは、あらかじめ落としておくようにしましょう。

1.回数と塗るタイミング

皮膚に塗布する回数の目安は1日2~3回、適量を患部に塗るのが一般的で、その後、症状がよくなってきたら徐々に塗布回数を減らしていきます。

塗布するタイミングは、肌が清潔な状態に保たれているお風呂上がりがベストです。

2.塗り方と使用量

塗り方の基本は、適量を乗せた指の腹を使って患部をさらっとなぞります。

患部をかき壊していたり、化膿したりしている場合には、ステロイド外用剤を薄くのばしたガーゼで患部を覆う方法が適しています。

ただし、化膿している患部には、抗生物質を配合したタイプのものしか使用できません。

使用量は多すぎても少なすぎても効果が薄れるので、必ず適量を使いましょう。

一般的に塗り薬の使用量の指針となるのが「フィンガーチップユニット」といわれているもので、大人の手のひら2枚の広さに対して、大人の人差し指の第一関節の長さくらい(約0.5グラム)の薬の塗布が基準とされています。

3.使用期間の目安

一般に、ステロイド成分は強力な抗炎症作用をもっているので、通常では数日から1週間程度で効果が現れます。

仮に正しい使用方法で1週間たっても、薬の効果が見られない場合は皮膚科医の診察を受けた方が良いでしょう。

ステロイド外用剤は正しい方法で使えば安全性については心配ありません。

ステロイド外用薬の使用に関する纏め

最後にステロイド外用剤を使うにあたって特に気をつけたいことを自戒を込め、綴ろうと思います。

・疾患部位以外には使用しないこと。予防的な使用もしない。

・腕や足に満遍なく塗るほど使用面積が広くなる場合には、念のため医師の診察を受ける。

(一般的には、全身に塗るなどの使い方をしないかぎりは、問題はないとされています)。

・吸収率の高い顔面への使用は短期間にとどめる。

・1週間以上にわたる長期使用は避けて、炎症が治まったら使用を中止する。

・長期にわたってステロイド外用剤を使い続けてしまった場合、急に中止することで皮疹が一時的に増悪するケースもまれにある。このような場合の薬の中止や種類の変更などは、医師の指示に従う。

短期間でしっかりと炎症を抑えるために、患部の症状にふさわしいステロイド外用剤を正しい方法で使用することを心がけたいものです。

アトピー対策で一番良いのは、信頼でいるお医者様の診断に従い、処方された薬を正しく使う事と思います。

ステロイド外用薬に関する関連記事

ステロイド外用薬の種類

ステロイド外用薬の副作用





~お願い~
当サイトに記載することは、あくまでアトピーの一患者である管理人の体験談です。
私自身がアトピーと戦ってきて、一番良いと思うことは、信用できるご自分の主治医の先生の診断に従い、処方された薬を根気強く塗ること、そして、薬を調合してくださる薬剤師さんによく相談する事だと思います。
私がこのサイトを開いた理由は、まぶたの裏という、厄介な部分にアトピーを患ってしまった自分の体験を綴る事が役に立つなら、と思った事と、皆様の体験を知りたい、聞きたいと思ったからです。
もしよかったら、お問い合わせフォームから皆さんの体験なども教えていただけたら、と思っています。
また、ページ下にSNSと連携のソーシャルボタンを用意しました。
アトピーに悩む方、アトピーと戦う皆さんと情報を共有しながら、当サイトを充実したものにさせていければ、と考えています。
同じような悩みを持つ方に、当サイトのことをお知らせくださり、情報を共有させて頂けましたら幸いです。