アトピー性皮膚炎に悩む患者、特に、頭皮にもアトピーがある人間にとっては、シャンプーの選択も頭を悩ませる一つになります。

管理人も頭皮にアトピーの有る一人。。。

美容院などで、洗浄力の強いシャンプーで洗髪されると、アトピーに沁みたり、シャンプーの後に猛烈な痒みに襲われたり、あるいは落屑、フケが増えたりします。

先年まで管理人は、無添加アミノ酸シャンプーを愛用していたのですが・・・パッケージが大幅に変更になって以降、自分の頭皮に合わなくなってしまった様で、使用を止め、新たなシャンプーを探してきました。

参考⇒アトピー、敏感肌の人の為のシャンプー

シャンプージプシーをしていた管理人ですが、最近、ようやく長く愛用できるシャンプーに出会えたので、ご紹介したく思います。

それは、管理人が愛用している美容液のサラヴィオのシャンプー、「S-1シャンプー」です。

サラヴィオ「S-1シャンプー」
>>S-1 無添加シャンプー

サラヴィオのシャンプーは盲点だったというか・・・実は管理人は少し誤解していて、サラヴィオのS-1シャンプーを、男性向けの育毛シャンプーだと思っていたのです。(サラヴィオは管理人が愛用している美容液の他に、いくつか商品がありますが、主力製品の一つが育毛剤にあります。それ故、シャンプーも育毛系とばかり思っていました。。。)

ところが、S-1シャンプーは、ノンシリコン、合成香料無添加の頭皮ケアを目指したシャンプーだったのです!

管理人はサラヴィオに電話し、自分がアトピーである事、頭皮にもアトピーが有る事を伝えた上で、S-1シャンプーを使えるか聞いてみたのですが、一番確実なのはお医者様に聞いてみて頂く事、という返事を頂きました。

この返事は、個人的にはとても好感が持てました!

良く有りますからね、「ウチの商品はアトピーの人にでも大丈夫!大勢のアトピーの人に喜んで使ってもらってますよ!」と自信だけは満々で、実際に使ってみたら沁みるは痒くなるはという散々な製品。。。

アトピーの場合はお薬でさえも何種類もあり、症状に合ったモノを処方するのが難しい位ですからね、最終的にはお医者様、あるいは薬剤師さんに聞くのが確実だろうと思っていましたが、サラヴィオ社からもその様な返答を頂いたのは、真摯な印象を受けました。

そして、実際にサラヴィオのS-1シャンプーの成分表示を持って、主治医の先生、薬剤師さんに聞いてみたのですが、良いと思いますよとの事。

サラヴィオS-1シャンプーの成分

水、ココイルグルタミン酸TEA、オレフィン(C-14-16)スルホン酸Na、ラウラミドDEA、ベタイン、センチフォリアバラ花水、ラウロイルシルクアミノ酸K、ラウロイルメチルアラニンNa、カルボキシメチルキチン、エタノール、フェノキシエタノール、ラウレス-9、ポリクオタニウム-10

これは、お医者様、そして薬剤師さん共に言われたのですが、シャンプーの場合は髪を洗うものですから、どうしても洗浄剤が入っているそうなんです。

その洗浄剤が強すぎると、アトピーに沁みたり、あるいは痒みを誘発したりする事に繋がるそうなんです。

そして、シャンプーの場合、洗浄力と同じように商品として重要視されているのが香りで、この香料もまた、アトピーに刺激を与えたり、痒みを誘発する原因となるそうです。

以前管理人が愛用していたシャンプーも、パッケージが変わり、香りが変わったと思ったら、管理人の頭皮と合わなくなったんですよね。。。

サラヴィオS-1シャンプー

そして、管理人は実際にサラヴィオのS-1シャンプーを使い始めましたが、刺激はなく、心地よく愛用しています。

S-1シャンプーは、透明でさらっとした感じです。

ほのかな香りは天然アロマを使用しているとの事ですが、残り香りがほぼ無い感じです。

きちんと頭皮の汚れは落としてくれる洗浄感も有ります!(以前、頭皮アトピーが悪化した時、ベビーシャンプーを使っていた事が有ったのですが、肌への刺激は無かったモノの、洗浄力が弱すぎて、頭皮の汚れがしっかり落ちた感じがせず、洗髪した後にもベタついた感じがし、しっかり汚れが落ちていないが故の痒みを感じた事が有りました。。。)

サラヴィオによると、積極的にシャンプーしてもらえる様なシャンプーを目指したそうです。

頭皮にもアトピーがある場合、シャンプー選びは悩みの一つとなります。(因みに管理人の場合、刺激の強いシャンプーだと、身体に垂れてきた泡が身体のアトピーに沁みる事も有ります。)

そんなアトピーに悩む人管理人の愛用シャンプーは、サラヴィオのS-1シャンプーです。

サラヴィオのS-1シャンプー、詳しくは↓↓公式サイトから↓↓

>>S-1 無添加シャンプー