アトピーや糖尿病の合併症として、クローズアップされ一躍有名になた緑内障

自覚症状が出た時には既にかなり進行した状態という緑内障。

欠損した視野を再生する事の出来ない怖い病気の緑内障に関して綴ります。




緑内障とは

目の成人病ともよばれる緑内障は、中高年に比較的よく発症することの多い眼の疾患です。

失明の恐れがありながら、自覚症状はあまりないことが多く、視野の欠損などに気づいたときには、すでにかなり進行しているという大変こわい病気です。

日本では、最近になって失明の一番の原因となっているそうです。

視野の欠損は自覚されないうちに末期症状に至ることも多く、発見には定期的な健康診断が必須です。

緑内障の原因は、一言でいえば、視神経の損傷だそうですが、損傷の理由は、眼圧による物理的圧迫だそうで、目の中の房水(目に栄養を運ぶ液体)が排水されない状態、あるいはされにくくなり、眼球中の圧力(眼圧)が高くなり、発生するそうです。

緑内障の定義は「視神経変化・特徴的視野変化を有し、眼圧下降により進行を防止できる病気」だそうですが、眼圧が正常値でも視神経が損傷を受けて視野が欠けていく場合も増えているそうです。

視野の欠損、眼圧上昇が緑内障の症状なわけですが、通常、緑内障の場合には、片方の目の視野が欠損してももう片方の目の情報を補って認識するため、一般には末期に至るまで自覚症状は気づきにくいと言われています。

また、自覚症状が出たら、ある程度進行していると考えた方が良いそうです。

急性緑内障の場合には、眼の痛みがあるそうです。

現在の緑内障治療の基本は、眼圧を下げることを主となっています。

その治療として点眼薬、内服薬、点滴療法、レーザー手術、外科手術があるそうです。

視野欠損の程度の少ない発症初期には点眼薬により様子を見たり、視野欠損の進行具合と視神経の障害の程度から判断して、手術となります。

また現在のところ失った視野を取り戻す方法は無いそうです。

一日も早い医学の進歩で、視野を戻せる事が出来るようになってほしいですね。