高齢者のなるイメージのあった白内障ですが、私自身、アトピーの疾患から白内障(水晶体に濁りがでました)かかってしまいました。

アトピーの合併症は緑内障は有名で、私自身気をつけていたのですが、白内障は発症するまで知りませんでした。

自身の眼の為に、白内障を学び、綴ろうと思います。




白内障とは

白内障は水晶体が灰白色や茶褐色ににごり、物がかすんだりぼやけて見えたりするようになる眼の疾患の事です。

通常は白く濁るので白内障と名前がついています。

白内障の根本的な原因は解明されておらず、 水晶体の細胞同士の接着力が弱まったり、水分の通りが悪くなったりして起こるのではないかといわれています。

また、80歳以上の高齢者はほとんどが何らかの形で白内障の症状を引き起こしているといわれる為、水晶体の白濁そのものは、病気ではなく、皮膚のシミや皺などと同じく老化の一環であるという考え方もあるようです。

この他、遺伝、有害光線(放射線や赤外線照射)、薬(ステロイド剤・抗精神病薬)の副作用、眼科疾患や眼科手術後の影響、アトピーや糖尿病との合併症、甲状腺疾患などが指摘されてます。

また、高齢者がなるイメージのある白内障ですが、若年層でも目の外傷、アトピー性皮膚炎、栄養失調、ダウン症候群などにより白内障を発症するケースが増えています。

白内障をほっておくと、最終的には視界が白濁しますが、 ある程度まで白濁が進むと水晶体の中で散乱する光によって視界が白く染まってしまい、視界に霧がかかったようになります。

また、目がかすむ、近視が進んだ気がする、 物が二重に見える、光がまぶしい・光がぎらぎら見える、このような自覚症状が白内障の初期症状と言われています。

白内障は一度発症し、混濁したものは元には戻らないそうです。

早期においては、進行を遅らせる目的で酸化防止剤等の薬剤(主に点眼液)を使用する事が多いそうです。

また、抗白内障薬として内服液がありますが、 これは予防薬として、水晶体のなかのタンパク質に起こる化学変化を抑制する目的で開発されており、治療効果はあまり期待できないようです。

それ故、白内障の場合、最終的には手術となるわけですが、これは水晶体に小さなキズをつけ、そこから超音波の力で水晶体の中身を吸い出し、残した薄い膜(水晶体嚢)の中に、人工水晶体である「眼内レンズ」を埋め込んで固定するという方法が多いそうです。

因みに手術を行わない場合は、最終的には失明に至り、発展途上国においては失明原因の第1位であるそうです。




アトピーと白内障

また、白内障には区別はつきにくいものの、ステロイドからくる副作用の「ステロイド性白内障」と「アトピー性白内障」があります。

ステロイド性白内障は、全身にステロイドを使用したときの副作用で、眼球に白い濁りを生じ、視力が衰えます。

アトピー性白内障においては、 水晶体の後嚢の中央部(視野で言うと中央の部分)から白濁が始まることが多いとされていて、中央部に混濁があるため比較的早くから視力障害や霧視感を訴えることが多く、手術に至る例もあるそうです。

アトピーステロイド外用薬 デルモベート軟膏 

上の写真は管理人が身体のアトピーに処方されているステロイド外用薬のデルモベート軟膏。

フルメトロン点眼薬

こちらは瞼の裏のアトピーに処方されているステロイド点眼薬のフルメトロン。

管理人は、身体のみならず、瞼の裏にもアトピーがあり、眼科でアトピー治療を受けていますが、ステロイド入り点眼薬は・・・目に直接点眼するだけに、副作用が怖いな・・・と思います。

一昔前までは、アトピー性治療に用いられるステロイド外用薬の副作用と言えば、緑内障でしたが、最近は前述の通り、アトピー性白内障、ステロイド性白内障が増加しているそうです。

ただ、お医者様のお話しでは、アトピー性白内障、ステロイド性白内障の増加は、大人のアトピーが増えてきた事も遠因に有るそうで、判断が難しいそうですが、加齢による白内障にステロイドの影響が加わっている事もあるそうです。

いずれにせよ、アトピーを患っている場合は、特に大人の場合は白内障にも気を付け、眼科での定期検査を受けるのが望ましいそうです。