一口にアトピー性皮膚炎と言っても、症状は様々なようです。

では、どのような症状をアトピーというのでしょうか?

全般的にはまず炎症が頭部に始まり、次第に顔面に、そして体幹、手足に下降状に広がるような症状、特長があります。

幼児期から学童期には、関節の内側を中心に炎症や発疹がでて、耳介の下部が裂けるような症状(耳切れ)を呈したりもします。

児童期が湿潤型、思春期以降は乾燥型の皮膚炎を起こすのがアトピーの特徴で、湿潤型は主に首周りや肘膝関節裏、乾燥型は頭皮、額、肩、内腿、内椀に発症し易いといわれています。

また乾燥型に切り替わるとき、湿潤型の症状は軽快する傾向があります。

思春期以降は広範囲にわたり乾いた慢性湿疹の症状が多く、油脂分泌不足から頭皮に大量のフケが出るケースが多いとの事。

また、手指に症状が表れ易くなり、爪元から第二関節あたりが特に酷く荒れやすいそうです。

その他、眉毛の外側が薄くなったり、発赤した皮膚をなぞると、しばらくしてなぞったあとが白くなる、また、乾燥して表面が白い粉を吹いたようになり、強い痒みを伴うったりもします。

赤い湿疹、結節などができ、湿潤した局面から組織液が浸出することがあります。

慢性化すると、鳥肌だったようにザラザラしたものができ、皮膚が次第に厚くなるそうです。

しこりのあるイボ状の痒疹ができることがあり、この場合は難治性であるり、イボになることもあるそうです。

アトピー孤独

アトピーを患っていて、痒みといった症状以外で辛いのが「落屑(らくせつ)」なんですよね。

顔と頭皮のアトピーで、白く乾燥して剥がれ落ちた皮膚が、フケのように見え、清潔感が無く見えるのが・・・。

なので、極力黒い服は避けるようにし、白を着たいのですが、白は掻いて出血した血が付くと目立つので。。。

アトピーを患っている私は、服の色も泣き所です。




~お願い~
当サイトに記載することは、あくまでアトピーの一患者である管理人の体験談です。
私自身がアトピーと戦ってきて、一番良いと思うことは、信用できるご自分の主治医の先生の診断に従い、処方された薬を根気強く塗ること、そして、薬を調合してくださる薬剤師さんによく相談する事だと思います。
私がこのサイトを開いた理由は、まぶたの裏という、厄介な部分にアトピーを患ってしまった自分の体験を綴る事が役に立つなら、と思った事と、皆様の体験を知りたい、聞きたいと思ったからです。
もしよかったら、お問い合わせフォームから皆さんの体験なども教えていただけたら、と思っています。
また、ページ下にSNSと連携のソーシャルボタンを用意しました。
アトピーに悩む方、アトピーと戦う皆さんと情報を共有しながら、当サイトを充実したものにさせていければ、と考えています。
同じような悩みを持つ方に、当サイトのことをお知らせくださり、情報を共有させて頂けましたら幸いです。