目の前をまるで虫が飛んでいるように黒いものがチラチラと見える「飛蚊症(ひぶんしょう)」。

網膜剥離や糖尿病などの合併症、様々な危険信号としてクローズアップされています。

ここではそんな飛蚊症に関して綴ります。




飛蚊症(ひぶんしょう)とは

飛蚊症(ひぶんしょう)は、眼の疾患のひとつ、あるいは症状のひとつで、黒や白の浮遊物が目の前をチラチラ、ゆらゆらと飛んでいるように見える症状の事です。

飛蚊症の原因は、一言でいえば、目の内部を満たす硝子体が混濁する事によっておこるそうです。

目の中身のほとんどを占めている硝子体は、「硝子体膜」というふくろに包まれた状態で目の中に入っています。

硝子体は加齢と共に収縮していき、 やがて硝子体膜が網膜からはがれます。

これを後部硝子体剥離と言うのですが、後部硝子体膜(網膜に接している硝子体膜についてきた網膜の細胞)が自分で見えることがあり、それが飛蚊症の症状に当てはまります。

ある意味加齢でおこる症状とも言えるのですが、網膜裂孔、網膜剥離、硝子体出血、ぶどう膜炎等眼病の影響で飛蚊症が現れる事があるすです。

網膜剥離での飛蚊症はボクシング等で有名ですね。

また、飛蚊症の症状としては、 視界に糸くずや黒い影、蚊のようなものが見え、視点を動かすと、目の動きより少し遅れて一緒に動いてくるように見える事が多いそうです。

飛蚊症で見えるものは中心部に見える場合が多いそうですが、視界の周辺部に見える場合もあったり、形状も小さなものが見えるだけでなく、輪状のものが見える場合も多いそうです。

加齢に伴う飛蚊症は、自然に改善するのを待つで良いそうです。

網膜裂肛等の場合は治療、場合によっては手術となるそうですが、これは飛蚊症の為というより、網膜裂肛等の治療と言うべきだそうです。

いずれにせよ、危険信号の可能性もある飛蚊症ですが、加齢ででる症状とも言え、お医者さまに診断して頂き、問題無ければ気にし過ぎないのが良いそうです。