眼の生活習慣病といわれ、失明にもなりかねない白内障・黄班変性症・緑内障が増加する今日、アントシアニンと並び注目されているのがルテインです。

ルテインは視力の改善から黄班変性症の改善まで驚くべき効果をあげているそうです。




ルテインとは

ルテインは、強い抗酸化作用を持つ脂溶性抗酸化物質であるカロテノイドの一種で、緑黄色野菜に多く含まれる成分です。

ルテインは体内では合成できないために食事等を通して摂取しなければならない必須栄養成分だそうです。

ルテインは、眼球の網膜および水晶体に存在し、特に黄斑部色素層の色素成分として蓄積されているそうです。

特に眼の水晶体と黄斑部にはカロテノイドの中でもルテインとゼアキサンチンしか存在していないため、これらの部位が正常に機能するために重要な役割を果たしていると考えられています。

ホウレンソウやブロッコリーに比較的沢山含まれているとの事、日々の食卓に並べて意識して摂取したいですね。

また、ルテインは網膜に多く存在する抗酸化栄養素で、紫外線によって目の中に発生する活性酸素を中和し、網膜を光の酸化から守る効能がありますます。

ルテインの量が少なくなると、白内障・加齢黄斑変性症(AMD)といった眼病の要因になることも確かめられています。

ルテインは紫外線に対してバリアー効果を発揮しているといわれています。

紫外線は人に対して害を与える光線として有名ですが、照明、テレビ、コンピューターモニター等の中に多く含まれる青い光もエネルギーは高く、細胞に与えるダメージも強力です。

ルテインは、この青い光を吸収し遮る役割があります。

また、光の一部が細胞に達してしまい、細胞が光による酸化ダメージを受ける危険性が生じた場合でも、抗酸化作用によってこれを防止します。

ただ・・・ルテインは目の為に必要不可欠な栄養素なんですが、残念ながらルテインは食事から十分に摂取することが難しいそうです。

例えば、ルテインは体内では合成できないために食事を通して摂取しなければならない必須栄養成分であり、一日あたり6ミリグラムを摂取するのが理想だそうです。

ですが、一日あたり6ミリグラムのルテインを摂取するには、生のホウレン草ならサラダボール2杯以上食べねばなりません。

必須栄養成分でありながら、ルテインを食事から十分に摂取する事は難しいのです。

因みに白内障、緑内障、近視、仮性近視、老眼、疲れ目、ドライアイ、黄斑変性症、飛蚊症、網膜剥離、糖尿病網膜症、網膜中心靜脈分枝閉塞症等の眼のトラブルの原因遠因に、ルテインの不足が言われていあるそうです。

眼の為の飲み薬はないと言われていますが、眼に必要な栄養であるルテイン、サプリメント等を上手く利用し、眼の為に摂取したいですね。

体内で合成する事の出来ないルテインのサプリメントが沢山発売されていのもうなずけます。