ブルーベリーが眼に良いことは、あまりにも有名になってしまいましたよね。

では、何故眼に良いとされるのでしょう?




ブルーベリーが目の為に良い理由

ブルーベリーが目に良いとされるようになったきっかけは、イギリス空軍のパイロットが、毎日パンにたっぷりブルーベリージャムを付けて食べていたところ、夜間でも敵がよく見えるようになったからなのです。

この事から、ブルーベリーの目への効果が研究され、結果ブルーベリーに含まれるアントシアニンが目に良い効果をもたらすことが確認されたそうです。

ブルーベリーの実の青さは、アントシアニンという色素の為です。

我々が目で物を見る時、まず光として認識し、瞳を通して入ってきた光は網膜に像を写し出すそうです。

この網膜にはかなり薄い膜の層があり、その表面にロドプシンという色素があるそうです。

網膜ではロドプシンが壊れ、再生するという再合成がくり返されていて、その働きを助けるのがアントシアニンなのだそうです。

ロドプシンの働きが鈍ると物が見えにくくなり、視界が曇ったり、チカチカするなどの症状が出て眼精疲労が進んでしまうそうです。

アントシアニンを沢山含むブルーベリーを日常的にとっている人の中には、白内障の進行が止まった、視力の低下やかすみ目が治った、という声が多く聞かれるそうです。

ブルーベリーは目の為の大変心強い味方ですね。

日常で積極的に取り入れ、目の癒しにしたいものです。