アトピー性皮膚炎は、アレルギー体質(アトピー素因)の上に、様々な刺激が加わって生じる痒みを伴う慢性の皮膚疾患の総称です。

患者の約8割は5歳までの幼児期に発症し、従来学童期に自然治癒すると考えられていましが、成人まで持ち越す例や、成人してからの発症・再発の例が近年増加しています。




因みに管理人も子供の頃よりアトピーを患い、成人しても良くなりません。

さらに、まぶたの裏という厄介な部分にもアトピーが発症し、皮膚以外に眼科でもアトピーの治療をしています。(まぶたの裏のアトピーは、アトピーという皮膚病でありながら、眼科で点眼薬を用いた治療となります。管理人は現在、、まぶたの裏のアトピーをステロイド点眼薬で治療中です。)

アトピー発症の原因は解明されてませんが、蕁麻疹のような即時型アレルギーと遅延型アレルギーが複雑に関与すると考えられています。

アトピー性皮膚炎は、家族内発生がみられること、他のアレルギー疾患(気管支喘息など)の病歴を持つ場合が多い(アレルギーマーチ)ことなどから遺伝的要因が言われています。

皮膚が乾燥しやすいなどのアトピー要因を多くの患者が持ってますが、これは炎症の結果ではなく、独立した要素であると考えられたいます。

他方、いわゆる遺伝病のように特定の遺伝子が発症の有無を決定的に左右するものではないという指摘もあります。

また、発展途上国に少なく、近代化に従って数十年単位で患者数が増加していること、環境の変化によって急激に発疹・痒みの症状が悪化しやすいことなどの理由から、遺伝的要因だけでは説明できない事例も多く、環境要因こそが大きい要因ともしてきされたいます。

結局のところ原因解明には至っておらず、治療も症状の軽減が主体な為、自分で生活の中で対策を考え、発症の対策を考えていかねばならないのかもしれません。

アトピーが発症する原因、そして治療法共に解明されていない所がアトピーが奇病と言われる所以なのでしょう。

アトピー子連れ

~お願い~
当サイトに記載することは、あくまでアトピーの一患者である管理人の体験談です。
私自身がアトピーと戦ってきて、一番良いと思うことは、信用できるご自分の主治医の先生の診断に従い、処方された薬を根気強く塗ること、そして、薬を調合してくださる薬剤師さんによく相談する事だと思います。
私がこのサイトを開いた理由は、まぶたの裏という、厄介な部分にアトピーを患ってしまった自分の体験を綴る事が役に立つなら、と思った事と、皆様の体験を知りたい、聞きたいと思ったからです。
もしよかったら、お問い合わせフォームから皆さんの体験なども教えていただけたら、と思っています。
また、ページ下にSNSと連携のソーシャルボタンを用意しました。
アトピーに悩む方、アトピーと戦う皆さんと情報を共有しながら、当サイトを充実したものにさせていければ、と考えています。
同じような悩みを持つ方に、当サイトのことをお知らせくださり、情報を共有させていただけましたら幸いです。