私のアトピー歴は子供のころから今もずっとです(泣)。

一昔前は、三大アレルギー源として、卵、牛乳、大豆と言われ、それらを避けるように言われてましたが、最近では様々な原因を指摘されています。

大人の場合、いわゆる成人アトピーは、ストレスが原因となる事が多いとか。。。

私自身、高原に行くとアトピーが確実に良くなる事を実感できるので、高原での生活を夢見ているものの、仕事の都合で実現は厳しく(泣)とにかく出来る事で対策をと勉強中です。

そんな当サイトを運営している私のアトピー歴です。




管理人のアトピー暦

~アトピー歴~

子供の頃から

~アトピーの出ている箇所~

頭皮(アトピーが悪化すると、フケのような感じで皮膚が剥がれ落ちてくる落屑が泣き所)

顔(顔も落屑あり。額の赤み、まゆ毛のあたり、口周り、耳のあたりが慢性的。一番厄介なのは瞼の裏。)

首周り(よく首の後ろの部分、髪の毛の生え際から出血しています)

上半身(背中が一番酷いです。お腹も慢性的に発症。指に出る事も。)

下半身(足全体に発症。また仕事で長時間椅子に座っている為、太ももの裏、特に左側に発症)

子供の頃より、ほぼ全身にアトピー出ています。

重症なのは背中と、太ももの裏の部分、椅子にあたっている部分が汗等で悪化しやすいらしく、見た目にも重症です。

そして、管理人のアトピーで一番厄介なのが、瞼の裏のアトピーです。

瞼の裏のアトピーに関しては、最初眼科に診察に行った時、瞬きする度に眼球を傷付けていると言われ、瞬きしてはいけないのかと絶句しました。

もう何年もステロイド点眼薬で瞼の裏のアトピーを治療しており、定期的に眼科に通い、ステロイドによる眼圧上昇等の副作用が起きていないかの検査を受けたり、アトピー性白内障の検査を受けています。




管理人が処方されているアトピーのお薬

そして、私が現在処方されているお薬がこちらになります。

体のアトピーの症状が強い所用に、ステロイド外用薬で最も強いデルモベート
アトピーステロイド外用薬 デルモベート難航 

体用のアンテベート

アトピーステロイド外用薬 アンテベート軟膏

顔の症状の強い所用に処方されているリンデロン
アトピー用ステロイド外用薬 リンデロン軟膏

顔用に処方されているキンダベート
アトピー用ステロイド外用薬 キンダベート軟膏

頭皮のアトピー用のアンテベートローション
頭皮のアトピー用ステロイド外用薬 アンテベートローション

体内のアレルギーの原因となる物質の作用を抑える内服薬、ザイザル
アトピー用抗ヒスタミン剤 ザイザル

以上を皮膚科で処方されています。

そして、まぶたの裏のアトピーに眼科で処方されている目薬

ステロイド入り点眼薬のフルメトロン
フルメトロン点眼薬

抗ヒスタミン点眼薬のリボスチン
リボスチン点眼薬

以上を眼科で処方されています。

詳しくはこちら→アトピー治療と薬~飲み薬と塗り薬~をご覧ください

~お願い~
当サイトに記載することは、あくまでアトピーの一患者である管理人の体験談です。
私自身がアトピーと戦ってきて、一番良いと思うことは、信用できるご自分の主治医の先生の診断に従い、処方された薬を根気強く塗ること、そして、薬を調合してくださる薬剤師さんによく相談する事だと思います。
私がこのサイトを開いた理由は、まぶたの裏という、厄介な部分にアトピーを患ってしまった自分の体験を綴る事が役に立つなら、と思った事と、皆様の体験を知りたい、聞きたいと思ったからです。
もしよかったら、お問い合わせフォームから皆さんの体験なども教えていただけたら、と思っています。
また、ページ下にSNSと連携のソーシャルボタンを用意しました。
アトピーに悩む方、アトピーと戦う皆さんと情報を共有しながら、当サイトを充実したものにさせていければ、と考えています。
同じような悩みを持つ方に、当サイトのことをお知らせくださり、情報を共有させて頂けましたら幸いです。