アトピーの治療.comのサイト内の画像には、劇薬に分類されるステロイド外用薬等のモノもありますが、いずれも管理人のアトピーの為に処方されたお薬であり、アトピーに悩む方の参考の為に掲載しているモノです。
当サイトの画像や文章の無断転載、二次使用は、硬くお断りいたします。



アトピー性皮膚炎は、現代の奇病と言われますが、その呼び名の通り、原因は多岐に渡り、そして、完全な治療法も確立されていません。

因みに、管理人が子供の頃は、アトピーは子供の病気、大人になれば治ると言われていました。

それが、管理人が成人する頃から、成人アトピーという言葉が出てきて、今では「アトピーは子供の病気」という定説は完全に覆り、大人でも掛かる疾患となっています。

更に!アトピーはアレルギー疾患と捉えられていますが、その定儀さえも覆りそうな状況と言えます。

理由は成人アトピーで、成人アトピーの原因の多くはストレスと言われています。

もし、ストレスでアトピーになるのであれば、アトピーという疾患がアレルギー疾患と言えるだろうか?という疑問も納得です。。。

そんなアトピー性皮膚炎に関して、「アトピー性皮膚炎のケアに関する新常識」というタイトルで記事が出ていましたので、こちらで紹介します。

以下、引用。

アトピー性皮膚炎は、かゆみのある湿疹がでる慢性疾患で、改善したり悪化したりを繰り返します。顔を含む全身に湿疹が出ますが、特に両腕のヒジの内側、両ヒザの裏側など、屈曲しているところに症状が出やすい特徴があります。なかなか治らないため、長年この疾患に悩まされている人も多いでしょう。ここでは、アトピー性皮膚炎治療の最新事情について見ていきます。

肌を乾燥させないことが対策の第一歩

患者さんの多くはアレルギー体質で、皮膚のバリア機能が低下しています。こうした「体質的要因」と、刺激となる「環境要因」とが重なって症状は現れますが、原因の特定が難しいのもアトピー性皮膚炎の特徴です。最近注目されているのは「肌の乾燥」です。乾燥肌によって皮膚のバリア機能が弱り、保湿力が落ち、汗や微生物など皮膚への刺激物が侵入しやすくなって、かゆみやかぶれを誘発します。さらに、かゆさで皮膚をかいてしまうとバリアが剥がれ、さらに刺激物が入りやすくなって炎症が起き、かゆみが増す──という悪循環が生じます。常に皮膚がしっとりとするように、ローションなどを塗って、しっかりと保湿をすることが重要だと、実験的研究からもわかってきました。

プロアクティブ療法とは?

早期に診断・治療を始めることが重要です。疑わしい症状が出たら、皮膚科を受診して治療を受けましょう。症状が出ているときは、まずは炎症を抑えるため適切な薬が使われます。医師の考え方や症状によって薬の種類や処方量はさまざまで、症状が強い場合はステロイド剤が使われることもあります。最新の治療法に「プロアクティブ療法」があります。発疹が消えてもまだ治っていないと考え、しばらくの期間はステロイド外用薬やタクロリムス軟膏などの抗炎症外用薬の塗布を中止しない方法です。症状が治まったら保湿剤に切り替える従来の方法よりも、再発を抑える効果があり、注目されています。

スキンケアで注意すること:アトピー性皮膚炎の予防

皮膚を清潔に保つことは大切ですが、洗う際に皮膚を強くこすらないように注意しましょう。石けんやシャンプーなどは洗浄力の強いものは避け、低刺激のものを選びます。また、洗った後は十分にすすぐことが大事です。入浴剤の類は使わないほうがいいでしょう。また、熱いお湯はかえってかゆみを増してしまいますので避けましょう。入浴後には保湿剤を使用して、皮膚をしっとりした状態に保ちます。

皮膚の掻き壊しを避けるために、ツメは短く切っておきます。肌の乾燥を防ぐため、就寝時は長袖長ズボンを着用します。手足に湿疹が出ている人は手袋や靴下を着けてもいいでしょう。普段着も刺激の少ない素材の服を選びたいところ。化学繊維はかゆみの原因になります。冬はウールなどセーターの下に綿のシャツなどを着ると、肌への刺激が避けられます。衣類を洗う洗剤も、界面活性剤の含有量が少ない低刺激のものを使用しましょう。

アトピーと日常生活に関し、凝縮した記事ですね。

ただ・・・入浴剤は・・・どうなんでしょう。。。

管理人は勧められた事が有りますし、乾燥する時期には、保湿の為に入浴剤を利用していますが。。。

アトピー性皮膚炎で入浴剤を用いる事の正確な事、一番良いのは、自分の症状を良く把握して下さっている主治医の先生に相談してみる事、聞いてみる事!と、自戒を込めて綴らせて下さいませ。。。

因みに皆さんは、入浴剤、使ってますか?

管理人の周りでは、乾燥する時期は使っているという人が多い様に思いますが。。。


記事下に、ソーシャルボタンを設置させてもらっています。当サイトをFacebookやはてなブックマーク、Twitter等でシェアして頂き、アトピーの悩みを持つ方と情報を共有させて頂けましたら幸いです。 アトピーに悩む方、アトピーと戦う皆さんと情報をシェアしながら、当サイトを充実したものにさせていければ、と考えています。