アトピーの治療.comのサイト内の画像には、劇薬に分類されるステロイド外用薬等のモノもありますが、いずれも管理人のアトピーの為に処方されたお薬であり、アトピーに悩む方の参考の為に掲載しているモノです。
当サイトの画像や文章の無断転載、二次使用は、硬くお断りいたします。



アトピー性皮膚炎の治療に処方されるステロイド外用薬。

当サイトで、何度も綴ってきましたが、このステロイド外用薬ほど誤解の多いお薬、そして、適切な言葉かどうか解りませんが、悪名高いというか、副作用が怖いと言われるお薬も無い様に思います。

管理人自身、長い事ステロイド外用薬を用いてアトピーの治療をしてきています。

ステロイドの副作用に不安が無いか?と問われた場合、無いとは言い切れませんし、ステロイド以外のお薬で、アトピーの炎症を抑える事が出来る、且つ副作用の心配も無いというお薬・成分が有るのであれば、勿論、そちらのお薬・成分を使うべきと思います。

そしておそらく、ステロイドを処方しているお医者様も同意見、ステロイドに代わってアトピーの炎症を抑えてくれるお薬・成分が有り、副作用の心配も無いのであれば、そちらを用いるべきと思っているはずなのです。

一言でいえば、現代の医学では、ステロイド以外にアトピーの炎症を抑えるお薬・成分が無いが故に、現代の医学で一番アトピーの炎症に効果の有るステロイドを処方しているとも言えます。

ただ・・・これも何度も綴っていますが、ステロイドは元々体内で作られるモノですし、お医者様の指導の下、適量を用いているならば、副作用の心配もほとんどないお薬なのです。

ステロイドは、ある意味アトピービジネスを行っている業者により、副作用ばかりが大きくクローズアップされ過ぎている感さえ有ります。

そんなステロイドに関し、興味深い記事が掲載されたので、紹介します。

以下、引用。

「ステロイドは悪」は誤解だった

コルチゾールの役割に、炎症を抑えることがあります。
コルチゾールが必要に応じて分泌されないと、体のあちこちで炎症が起きてしまいます。
一方、コルチゾールには免疫機能を調整する働きがあるのですが、慢性的に分泌が多いと、免疫機能の低下を招いて感染症にかかりやすくなるなど、困ったことが起こります。
あくまでも、コルチゾールは「適量」の分泌によって、炎症を抑えて、免疫機能もちょうどよい状態を保てるのです。

コルチゾールの抗炎症作用は医薬品にも活かされていて、抗炎症薬としてステロイドが広く使われています。
しばしば「ステロイドは怖い」と語られるのは、ステロイドを体内に入れすぎると、前述のとおり、免疫機能が低下してしまうからです。

ただし、怖いのはステロイド自体ではありません。問題なのは「入れすぎる」こと。適切な量のステロイドは、体にとって非常に心強い働きをしてくれます。
ですから、ステロイドは怖い、ステロイドは悪という短絡的な誤解は改める必要があります。

また、アトピーに悩む人のなかには、なかなかステロイドを離脱できないと、「離脱できないのはステロイドのせい」と考える人がいます。
しかしながら、アトピーの人たちは、皮膚に炎症が起きていて、その炎症を自力で抑えられないので、体外からステロイドを入れて炎症を抑えているわけです。

炎症の原因そのものを取り除いたわけではないので、ステロイドをやめれば、再びアトピーの症状がブワッと出てしまいます。
そうすると、「ステロイドをやめた途端に悪化した」と誤解してしまう人が出てくるのです。けれども、言葉は悪いですが、そもそも「臭いものにフタをする」ような処置をしていただけなので、フタを取ってしまえば炎症が再発するのは、むしろ当然の帰結でしょう。

「ステロイドを使うと一生やめられない」という声も聞きますが、そうやって怖がるのも視野狭窄な考え方です。
確かに、ステロイドだけに頼っていては根本的な解決は望めません。そうであれば、なぜ十分にコルチゾールが分泌されないのか、炎症の原因はどこにあるのか、こうした問題点を洗い出して対処していくことこそが、賢明な態度と言えるでしょう。

ですから、その解決の道に至るまでは、コルチゾールが足りなければ外からステロイドを補う治療は十分に意味があるわけです。
言ってみれば、コルチゾールは火消し役。火事が起きていれば、まずは火を消さなくてはなりません。
もっとも、火消しとして水をかけるのはよしとしても、水をかけすぎては、水浸しになってしまいます。あくまでも「適量」が大切なのです。

ステロイドが怖いと思われるのは、今の医療にも問題があるでしょう。とりあえず火消しはしても、火種まで消してはいないのですから。

 火種には、さまざまな原因があります。本来は、火種をきちんと消すことこそ、根本的な治療なのです。そこにアプローチしていないがゆえに、アトピーに悩む人たちの一部が、「ステロイド=怖い」という図式を信じ込んでしまうのでしょう。

 ところで、アレルギーには、いくつものメカニズムや経路が存在します。
 抗原(アレルギーを引き起こす原因=アレルゲン)はいろいろありますが、食事性抗原(グルテンやカゼインなど特定の食べ物)と吸入性抗原(たとえばダニやほこり、花粉など)に大別できます。

 数あるアレルギーのうち、一番ポピュラーなのがIgEと呼ばれる抗体を介したアレルギーです。抗体とは、体内の細菌やウイルスなど、「悪いもの」に対抗しようとして働く物質です。

 IgEは即時型といって反応がすぐに現れるタイプ。前述のアトピーや、近年増えている花粉症もこれにあてはまります。ちなみに、血液検査では、このIgEの量を調べることでアレルギーの有無や程度を数値化します。

 一方、IgGと呼ばれる抗体は遅延型と呼ばれ、ある程度の時間が経ってから反応が現れるタイプです。数時間後、あるいは場合によっては2日後くらいに反応するので、なかなかアレルギーが原因による不調だと気づきにくいという難点があります。

 たとえば、腸の粘膜が悪い人が、健康のためにと思って、バナナなど特定の食品をせっせと食べて、腸の炎症を余計に悪化させ、検査をしてみると、実はIgGの数値が高かったなどというケースが案外多いのです。

 アレルギーは、過剰な免疫反応が原因であり、免疫のコントロールにかかわる副腎皮質とも無縁ではありません。そして、いずれにしても、アレルギーによる炎症を抑えるにはコルチゾールが不可欠です。

 副腎疲労が溜まってコルチゾールが十分に分泌されないと、アレルギーを悪化させる原因になります。逆に、副腎疲労のケアをすることで、アレルギーの改善につながる症例もたくさんあるのです。

 他方、自己免疫疾患とは、本来であれば、異物を認識して排除するための役割を担う免疫系が、自分自身の正常な細胞や組織に反応して攻撃をする病気です。
 橋本病、バセドウ病といった、特定の臓器のみ影響を受ける臓器特異的自己免疫疾患や、関節性リウマチ、全身性エリテマトーデスといった、全身に影響を受ける全身性自己免疫疾患など、自己免疫疾患にもいろいろあります。

 コルチゾールは免疫機能を抑制する働きがあると誤解されることも多いのですが、本来は、免疫をちょうどいいバランスに調整する役目を担っています。
 「自己」である細胞や組織に対しては反応しない、いわゆる免疫寛容と呼ばれる状態を保つのもコルチゾールの仕事です。ですから、副腎疲労が自己免疫疾患を誘発する要因にもなりえます。

 また、自己免疫疾患は慢性炎症でもあり、コルチゾールを必要とするので、治療の現場でもステロイドをしっかり使います。

 一方、自己免疫疾患になると、副腎疲労の悪化につながります。
 要するに、自己免疫疾患と副腎疲労とは互いに関係しているので、自己免疫疾患の人は治療の一環として、副腎疲労を取り除くことに目を向けてみるのも良策だと思います。

興味深い文ですね。。。

アトピーとステロイドの問題を論ずる場合、どうしても対症療法であるという点に触れないわけにはいかない様ですが、現代の奇病と言われるアトピーの火種を見つける事、そして、その火種自体を消す事は、本当に難しい事なのでしょう。

そんなアトピーの研究に奉職なさっている先生方に、ただただ感謝するばかりです。


記事下に、ソーシャルボタンを設置させてもらっています。当サイトをFacebookやはてなブックマーク、Twitter等でシェアして頂き、アトピーの悩みを持つ方と情報を共有させて頂けましたら幸いです。 アトピーに悩む方、アトピーと戦う皆さんと情報をシェアしながら、当サイトを充実したものにさせていければ、と考えています。