アトピーの治療.comのサイト内の画像には、劇薬に分類されるステロイド外用薬等のモノもありますが、いずれも管理人のアトピーの為に処方されたお薬であり、アトピーに悩む方の参考の為に掲載しているモノです。
当サイトの画像や文章の無断転載、二次使用は、硬くお断りいたします。



アトピー性皮膚炎に悩み、ステロイドの副作用に不安を抱える患者の気持ちを裏切ったとも言える、横浜市都筑区の山口医院の「ステロイドを含まないアトピー性皮膚炎の治療薬」と宣伝していた漢方クリームに、最強ランクのステロイドが含まれていた一件。

参考⇒アトピーと山口医院の漢方クリームアトピーと山口医院の漢方クリーム その2アトピーと山口医院の漢方クリーム その3アトピーと山口医院の漢方クリーム その4アトピーと山口医院の漢方クリーム その5

アトピーステロイド外用薬 デルモベート軟膏 

上の写真は、管理人の身体のアトピーが酷い時に処方されるステロイドの強さランクⅠ群・ストロンゲストのデルモベート軟膏になります。

山口医院の処方していた漢方クリームには、ステロイドは入っていないと謳われていましたが、上の写真の「デルモベート」と同じ強さのステロイドが混入していた事が明らかになりました。

上の写真で、「デルモベート」の名前の前に、劇薬を現すと思われる「劇」の字があるの、見えますでしょうか?

デルモベートは(というか、ステロイドのランクⅠ群・ストロンゲスト)、それ位強いお薬なのです。

因みに、管理人がデルモベート軟膏を処方される時には、必ず内服薬で抗生物質も一緒に処方されます。

抗生物質

上の写真は、管理人がデルモベートと一緒に処方される抗生物質の「ミノマイシン」です。

デルモベート、或いはステロイドのランクⅠ群・ストロンゲストのお薬は、副作用を防ぐ為に、抗生物質が一緒に処方される程、強いお薬なのです。

そしてここ数日、今回の件と似たような感じの一件とし、皮炎霜と桃源クリーム、脱ステロイド保湿用クリームの一件を取り上げました。

参考⇒山口医院の漢方クリームと皮炎霜のカラクリを実際に検証してみた本当に洒落にならない山口医院の漢方クリームと桃源クリームアトピー治療と漢方クリームについて最低限知っておくべき3つのこと

この中で、中国と日本では、薬の成分の公開義務が異なる事を例に挙げ、これまでのステロイドが入っていないと謳われていたにも関わらず、最強ステロイドが入っていたという例を挙げてきました。(因みに、皮炎霜、桃源クリーム、脱ステロイド保湿用クリーム、いずれも中国からの輸入品で、いずれも最強ステロイドのプロピオン酸クロペタゾールが混入していました。)

山口医院の漢方クリームも中国からの輸入品な訳で・・・ここ数日、ともすると、諸悪の根源は中国に有るかの様な感じに綴ってしまったかもしれません。。。

今回は、中国産以外の一件を取り上げてみようと思います。

NOATO(ノーアト)クリーム

NOATO(ノーアト)クリームの一件は、比較的最近の出来事、かつネットを賑わした一件なので、記憶に新しい事件と言えると思います。

実際、NOATO(ノーアト)クリーム!久しぶりに聞いた!!という方も多いのではないでしょうか?

「天然素材100%で、アトピー性皮膚炎に効く」という謳い文句で販売していたアメリカ産の化粧品クリームのNOATO(ノーアト)クリームに、最強ランクのステロイド「プロピオン酸クロベタゾール」が混入していた事件です。

・・・・・ちょっと横道にそれますが・・・ここ数日、山口医院の一件から、過去の似たような事件を綴ってきましたが・・・誤解無き様に綴りますが、最強ランクのステロイド「プロピオン酸クロベタゾール」は、決して悪ではありません。

管理人を含め、アトピーの症状が酷い患者は、お医者様の診断でデルモベート軟膏等の最強ステロイドを適正に処方され、アトピーの症状改善に繋がっています。

問題なのは、ステロイドが入っていないと謳っていながら、プロピオン酸クロベタゾール(最強ランクのステロイド)が混入されていた事なのです。

何度か綴ってきましたが、ステロイド外用薬で副作用が起きるときは、使い方を間違った時です。

一例とし、皮膚の薄い顔には、通常、ステロイドのランクⅣ群(症状が酷い時にⅢ群が処方される事も有ります。)が処方されるのが一般的なのですが、もし、皮膚の薄い顔に最強ランクのステロイド、Ⅰ群のモノを使った場合、副作用の懸念は一気に高まる事が予想されます。

ですが通常、お医者様の診察を受けてお薬を処方された場合、皮膚の薄い顔に最強ランクのステロイドが処方される様な事は、まず起こりえません。

山口医院の漢方クリームや、皮炎霜、桃源クリームやNOATO(ノーアト)クリームの様に、実は最強ランクのステロイドが入っているのに、それを知らずに使った場合などに、間違いが起きてしまうのです。

因みに、このNOATO(ノーアト)クリームは、当時流行っていたSNSのmixiでも大分絶賛されていたのですが、実はその絶賛の書き込みもサクラ、NOATO(ノーアト)クリームを販売していた会社の社員が、アトピー患者やアトピーの子供の母親などを装い「アトピーが完治した」等、虚偽の書き込みをしていたというオマケ付きでした。

この時も、NOATO(ノーアト)クリームを実際に使ってみた人たちが、あまりにも効き過ぎる、ステロイドが入っているのではないか?と疑い、行政に訴えた事で調査され、最強ステロイドの混入が発覚しました。

NOATO(ノーアト)クリームを使ってアトピーが改善したと思ってた方が、最強ランクのステロイドが入っていた事にショックを受け、再びそれまで通院していた皮膚科に行き、NOATO(ノーアト)クリームを使っていた事を先生に話したら、「あらら・・・アトピービジネスに引っかかっちゃって。アトピーに本当に効く塗り薬なら、ステロイドが入っているに決まってるじゃない!」と言われたとか。。。

皮膚科医の先生方にとっては、「アトピーに効く!」という謳い文句で本当に効果があるモノの場合、自動的に「ステロイドが入っている!それ以外、アトピーの炎症を抑えるなんて有り得ない!」とお考えになるそうです。

その為か、専門家であるお医者様は最初からウソと思っているのか、あまり積極的にはその様な宣伝には目くじらを立てない方が多い様で。。。

実際、NOATO(ノーアト)クリームにしろ、今回の山口医院の漢方クリームにしろ、本当にステロイドが入っていないのか?と疑って行動したのは、「効き過ぎる!おかしい」と感じた患者さんなんですよね。。。

現代の医学で完治が不可能なアトピーを治療していく上で、一番大切なのは、もしかしたら私たちアトピー患者が正しい知識を持つ事なのでは、と考えさせられた、NOATO(ノーアト)クリームの一件でした。


記事下に、ソーシャルボタンを設置させてもらっています。当サイトをFacebookやはてなブックマーク、Twitter等でシェアして頂き、アトピーの悩みを持つ方と情報を共有させて頂けましたら幸いです。 アトピーに悩む方、アトピーと戦う皆さんと情報をシェアしながら、当サイトを充実したものにさせていければ、と考えています。