アトピーの治療.comのサイト内の画像には、劇薬に分類されるステロイド外用薬等のモノもありますが、いずれも管理人のアトピーの為に処方されたお薬であり、アトピーに悩む方の参考の為に掲載しているモノです。
当サイトの画像や文章の無断転載、二次使用は、硬くお断りいたします。



アトピー性皮膚炎に悩む人間を大きく裏切ったといえる横浜市都筑区の山口医院の「ステロイドを含まないアトピー性皮膚炎の治療薬」と宣伝していた漢方クリームに、最強ランクのステロイドが含まれていた一件。

参考⇒アトピーと山口医院の漢方クリームアトピーと山口医院の漢方クリーム その2アトピーと山口医院の漢方クリーム その3アトピーと山口医院の漢方クリーム その4アトピーと山口医院の漢方クリーム その5

アトピーステロイド外用薬 デルモベート軟膏 

上の写真は、管理人の身体のアトピーが酷い時に処方されるステロイドの強さランクⅠ群・ストロンゲストのデルモベート軟膏になります。

山口医院の処方していた漢方クリームには、ステロイドは入っていないと謳われていたのにもかかわらず、上の写真の「デルモベート」と同じ強さのステロイドが混入していたのですから驚きです。

因みに・・・「デルモベート」の名前の前に、劇薬を現すと思われる「劇」の字があるの、見えますでしょうか?

デルモベートは(というか、ステロイドのランクⅠ群・ストロンゲスト)、それ位強いお薬なのです。

因みに、管理人がデルモベート軟膏を処方される時には、必ず内服薬で抗生物質も一緒に処方されます。

抗生物質

上の写真は、管理人がデルモベートと一緒に処方される抗生物質「ミノマイシン」です。

デルモベート、或いはステロイドのランクⅠ群・ストロンゲストのお薬は、副作用を防ぐ為に、抗生物質が一緒に処方される程、強いお薬なのです。

そして昨日、一昨日と、今回の件と似たような感じの一件とし、「皮炎霜」と「桃源クリーム」の一件を取り上げました。

参考⇒山口医院の漢方クリームと皮炎霜のカラクリを実際に検証してみた本当に洒落にならない山口医院の漢方クリームと桃源クリーム

この皮炎霜と桃源クリームは共に中国製、混入していた成分も共にプロピオン酸クロベタゾール(最強ステロイド)だった訳ですが、中国と日本では、薬の成分の公開義務が違う為、そこを盲点として販売されていたんですよね。。。

因みに、同じような一件とし、中国から輸入されていた脱ステロイド用保湿クリームに、プロピオン酸クロベタゾール(最強ステロイド)が入っていたという一件も有りました。

ちょうどこの頃は、日本中が中国製品は危ないという風潮が高まっていた時の事だったのですが、中国製というだけで断罪は出来ないまでも、中国と日本で薬の成分の公開義務が違うという点は、中国製のモノ、特にアトピー関連に関しては、頭の隅にでも置いておくべき事かもしれませんね。

因みにですが・・・昨日綴った桃源クリームに関して、今日、友人と「こういう事件があったよね!」と話していたのですが、彼女の主治医の先生は、「アトピーの炎症を抑えるのに劇的に効果がるものは、すべてステロイドが入っていると思いなさい!」と言っているそうです。

管理人自身、アトピーの勉強を始めてから思うのですが、ステロイド以外でアトピーの炎症を抑えるお薬というのは、最終的にデマ(使用しても効果が無い)であったり、或いはステロイドが入っていないとされながら、実は最強ステロイドが入っていたかのどちらかに思います。

ステロイドが入っていないとされるお薬(民間薬というか、保険適応外のお薬というか。。。)の結果が、効果が無い、或いは実はステロイドが入っていたのどちらかになるという結果は、ある意味、ステロイドのアトピーの炎症を抑える効果を実証している様にも思えます。

多くの皮膚科医、専門家の先生が支持する標準治療で処方されるステロイド外用薬は、確かに副作用の懸念があります。

使い方を間違った場合、おそらく副作用は起きてしまうかもしれません。

ですが、その間違った使い方とは、例えば最強ステロイドを皮膚の薄い顔に塗る等、普通に診察を受け、お医者様の指導に従っていれば、起こりえない事なのです。

一例とし、包丁を使うと手を切るかもしれないから、包丁は使うな!とは言わないですよね?

包丁を使って手を切るのは、使い方を誤った時です。

ステロイド外用薬も同じで、お医者様の指導の下、正しく使えば、アトピーの炎症を抑えてくれるお薬なのです。

無責任な噂や風評などからステロイドの副作用を恐れ、ステロイドの入っていない物を探し求め、最終的に最強ステロイドを顔に塗っていたというのは、皮肉としか言いようが無い事と思います。

纏めです!!

アトピー治療と漢方クリームについて最低限知っておくべき3つのこと

1、日本と中国では、薬の成分の公開義務が違う。
2、ステロイドを含まないのにアトピーに極めて高い効果!と謳われた漢方クリームに、最強ランクのステロイドが入っていた事件が何度か起きているということ。
3、一般論とし、現代の医学では、ステロイド以外にアトピーの炎症に高い効果のある外用薬は存在しない。

結論とし、一番良いのは信頼できる皮膚科医の先生に診察してもらい、自分の症状に合ったお薬を処方してもらうという事だと思います。

自戒をこめて綴りました。


記事下に、ソーシャルボタンを設置させてもらっています。当サイトをFacebookやはてなブックマーク、Twitter等でシェアして頂き、アトピーの悩みを持つ方と情報を共有させて頂けましたら幸いです。 アトピーに悩む方、アトピーと戦う皆さんと情報をシェアしながら、当サイトを充実したものにさせていければ、と考えています。