アトピーの治療.comのサイト内の画像には、劇薬に分類されるステロイド外用薬等のモノもありますが、いずれも管理人のアトピーの為に処方されたお薬であり、アトピーに悩む方の参考の為に掲載しているモノです。
当サイトの画像や文章の無断転載、二次使用は、硬くお断りいたします。



アトピー性皮膚炎を治そうと真剣に治療している患者にとって、憤りを感じさえする、横浜市都筑区の山口医院の「ステロイドを含まないアトピー性皮膚炎の治療薬」と宣伝していた漢方クリームに、最強ランクのステロイドが含まれていた一件・・・。

参考⇒アトピーと山口医院の漢方クリームアトピーと山口医院の漢方クリーム その2アトピーと山口医院の漢方クリーム その3アトピーと山口医院の漢方クリーム その4アトピーと山口医院の漢方クリーム その5
アトピーステロイド外用薬 デルモベート軟膏 

上の写真は、管理人の身体のアトピーが酷い時に処方されるステロイドの強さランクⅠ群・ストロンゲストのデルモベートになります。

今回、件の山口医院の処方していた漢方クリームに、ステロイドは入っていないと謳われていたのにもかかわらず、このステロイドのランクⅠ群・ストロンゲストのデルモベートと同じ強さの成分が、入っていた訳ですから、ただただ驚きという他はありません。

因みに、管理人がデルモベートが処方される時には、必ず内服薬で抗生物質も一緒に処方されます。

抗生物質

上の写真は、管理人がデルモベートと一緒に処方される抗生物質なのですが、デルモベートは(ステロイドのランクⅠ群・ストロンゲストのお薬は)抗生物質が一緒に処方される位、強いお薬なのです。

今回の山口医院の一件に関しては、漢方クリームを処方された患者さんに同情するとともに、該当医院の先生の説明を聞きたい思いで一杯です。

ただ・・・一番いけないのは、ステロイドが入っていない漢方クリームと謳っていながら、ステロイド(しかも最強ランク)が入っていたモノを処方していた山口医院と思いますが、それを踏まえた上で、あくまで個人的見解として、きつい事を言う様ですが、患者さんの側も、もう少ししっかりとしているべきだったのでは・・・と思えてしまうのです。

中国製アトピー性皮膚炎治療薬「皮炎霜」

かれこれ10年以上前になるかと思いますが、「皮炎霜」という中国製アトピー性皮膚炎治療薬が世間を賑わせた事がありました。

今回の山口医院の漢方クリームと、この「皮炎霜」の一件は、客観的に見た場合、実はほとんど同じような感じとも言えるのです。

中国製アトピー性皮膚炎治療薬の「皮炎霜」という薬が「ステロイドを含まないがアトピー性皮膚炎に劇的に効果がある薬」として宣伝され、ステロイドの副作用を懸念し、脱ステロイドを唱える方を中心に絶賛されていたのですが、薬の成分を調べてみたところ、実際にはステロイドのランクⅠ群・ストロンゲストのプロピオン酸クロベタゾールが入っていることが明らかになったのです。

この「皮炎霜」の一件を山口医院で漢方クリームを処方された方々が知っていたら・・・その効果抜群の漢方クリームに、何らかの疑問を抱いたのでは・・・と思えて仕方がありません。

今回の一件に関して、山口医院は「漢方クリームの製造を委託している設備の清掃に不備があったため、平成25年出荷分の外用剤について、同じ設備で製造していた他の製薬会社向けステロイド製剤が混入した」と説明しているようですが・・・皮炎霜の時に指摘されたのは、中国と日本では、薬の成分公表義務が違う為に、そこを盲点として計画された許欺的商行為であるという事だったんですよね。。。

山口医院には、本当の事を語ってほしい、真実の表明を望むと供に、漢方クリームを処方していた患者さんに真摯に説明してほしいと思います。

そして・・・件の漢方クリームを信じていた方々にも少しばかり・・・あくまで管理人の知る範囲ですが、アトピーの炎症を抑えるには、現代の医学ではステロイド外用薬が一番優れていると言えます。(ステロイド内服薬とは別でお考え下さい。)

ステロイド外用薬の副作用を懸念なさる方は多く、例えば、瞼の裏のアトピーの為に、ステロイド点眼薬を使用している管理人に「えっ?ステロイドを眼に点眼してるの?絶対危険だよ!!」と言ってこられる方もいます。

ですが、管理人はお医者様の指導の下、ステロイド点眼薬を正しく使い、ステロイドのランクダウンに成功しています。

ステロイド外用薬は、お医者様の指導の下、正しく使えば、副作用の心配もなく、すばらしい効果を発揮してくれます。

ではステロイド外用薬で副作用が起きるのは、どの様な時か、というと、間違った使い方をした時、例えばですが、一番強いステロイド外用薬を、皮膚の薄い顔に塗った時などになります。

ステロイド外用薬の副作用に関する無責任な噂、風評を信じ、ステロイド外用薬以外のモノを求め、ステロイドの入っていないと謳われていた漢方クリームに行き着き、結果として最強ステロイドを塗っていたというのは、皮肉としか言い様がないと思います。(一番いけないのは、その漢方クリームを処方していた医院ですが。。。)

管理人が知る範囲で、「ステロイドが入っていないけど劇的な効果がある!」と謳われているお薬(民間療法を含む)に関して、本当に劇的な効果が有るものの場合は、ステロイドが入っていて、その他は効果がないとして、後々、購入した方々から訴えられているのがほとんどです。(今回、皮炎霜を例に挙げましたが、実はこれ以外にも同じような事件は何件か起きています。)

この様な悲劇(ステロイド外用薬の副作用におびえ、結果として最強ステロイドを使っていた)を繰り返さないためにも、患者の側でもアトピーを治療する上での最低限の知識を知っておくべきと思いますし、医学的知識のない方の言う噂、風評に振り回されないようにすべきと強く思います。


記事下に、ソーシャルボタンを設置させてもらっています。当サイトをFacebookやはてなブックマーク、Twitter等でシェアして頂き、アトピーの悩みを持つ方と情報を共有させて頂けましたら幸いです。 アトピーに悩む方、アトピーと戦う皆さんと情報をシェアしながら、当サイトを充実したものにさせていければ、と考えています。