アトピーの治療.comのサイト内の画像には、劇薬に分類されるステロイド外用薬等のモノもありますが、いずれも管理人のアトピーの為に処方されたお薬であり、アトピーに悩む方の参考の為に掲載しているモノです。
当サイトの画像や文章の無断転載、二次使用は、硬くお断りいたします。



アトピー性皮膚炎と真剣に向き合い、治療していた人間とって、驚愕の一件とも言える、横浜市都筑区の山口医院の「ステロイドを含まないアトピー性皮膚炎の治療薬」と宣伝していた漢方クリームに、最強ランクのステロイドが含まれていた件の続報です。

参考⇒アトピーと山口医院の漢方クリームアトピーと山口医院の漢方クリーム その2アトピーと山口医院の漢方クリーム その3アトピーと山口医院の漢方クリーム その4

アトピーステロイド外用薬 デルモベート軟膏 

因みに、上の写真は、管理人の身体のアトピーが酷い時に処方されるステロイドの強さランクⅠ群・ストロンゲストのデルモベートになります。

このデルモベートと同じ強さのステロイドが、山口医院の漢方クリームに入っていた訳ですが・・・管理人がデルモベートが処方される時には、必ず内服薬で抗生物質も一緒に処方されます。

抗生物質

上の写真は、管理人がデルモベートと一緒に処方される抗生物質で、デルモベート(というか、ステロイドのランクⅠ群・ストロンゲストのお薬は)抗生物質が一緒に処方される位、強いお薬なのです。

山口医院では、今回の件に関し、ホームページを通し、以下の様にアナウンスなさっています。

以下、引用。

患者様各位

平素、山口医院にご通院いただき、誠にありがとうございます。

これまで、当院では漢方理論に基づいた外用剤や化粧品等をご提供させて頂いて参りました。

しかしながら今般、当医院でアトピー性皮膚炎に対し処方していた外用剤(1番、2番とご案内させて頂いていたクリームです)に、ステロイド(クロベタゾールプロピオン酸エステル)が混入しているのではないかとのご指摘を受けたため、製造を委託していた中国中医研究開発公司に調査を依頼したところ、設備の清掃に不備があったため、平成25年出荷分の外用剤について、同じ設備で製造していた他の製薬会社向けステロイド製剤が混入した可能性があるとの回答、及び管理を怠ったことについての謝罪を受けるに至りました。

このような事態に至り、当院としては、今後、同社から供給を受ける製品についても到底その品質を信頼することはできないと判断し、1番と2番のクリーム以外の外用剤や化粧品等も含め、これまでご提供させて頂いていた全ての外用剤や化粧品等のご提供をとりやめることと致しました。

また、現在、その他の対応方針等を検討しております。

今回の問題に至る経緯、ステロイド製剤外用による一般的な影響、および外用剤の回収、返金の範囲等も含めた当医院の対応方針等についてご説明させて頂くべく、下記日程にて患者様説明会を開催させて頂きたいと考えております。

■日時:平成26年4月4日 午後2時~午後4時
■場所:横浜市都筑区茅ヶ崎中央32-1 都筑区総合庁舎内 都筑公会堂メインホール

ご説明内容の概要につきましては、上記説明会開催後、お手紙による個別のご案内、およびインターネットを介した公表を予定しております。

なお、本件に関し、既に当医院にお電話や訪問等による多数のお問い合わせを頂いておりますが、当医院は個人医院であり、対応能力にも限界がございますことから、個別対応では皆様に公平な対応ができないおそれがございますので、当面の間、個別のお問い合わせ等に対する対応は控えさせて頂きます。今後の対応窓口、対応の方法につきましても、上記説明会にてご案内させて頂ければと存じます。

ステロイドには副作用のおそれもございますので、現在もクリームをお持ちの方は、今後の使用に当たって皮膚科を受診ください。当院でもアトピー性皮膚炎の患者様の中で、他院への紹介をご希望の方のため、平成26年3月12日水曜より、毎週水曜日および土曜日の午後3時から6時30分まで、お一人様30分単位で、専用の予約時間帯を設定させて頂きました。当面の間、アトピー性皮膚炎の患者様につきましては、こちらの時間帯での完全予約制にて診察させて頂きます。ご予約をご希望の患者様は、予約専用番号045-912-6446までお電話いただければ幸いです。ただしあくまで診察およびご紹介のためのお時間であり、それ以外の返品、返金等のお話には一切ご対応致しかねますので、あらかじめご承知置きのほど、お願い致します。なお当医院での診察をご希望されない場合、あるいは予約日以前の診察をご希望の場合には、直接、お近くの皮膚科を受診されることを強くお勧め致します。

最後になりましたが、今回の問題では皆様の当院への信頼を裏切る結果となってしまい、誠に申し訳ございません。引き続き原因究明、および再発防止に努める所存です。

院長 山口了三

4月4日に説明会が開かれるとの事ですが、アトピー性皮膚炎に悩む患者の一人として、山口医院がこの席で、これまでの経緯を含めた全ての事に関して真摯に説明なさる事、真実の表明を望むとともに、患者さんの疑問に全て応えて下さる事を心から望みます。

上記の文章からだけでは・・・正直、疑念は晴れません。

上記の文章では、平成25年出荷分の外用剤に、製造元のミスで、ステロイドが混入したと有りますが、平成25年以外のモノに入ったいなかったという根拠は是非示して欲しいと思います。

もし、平成25年出荷分の外用剤のみに最強ランクのステロイド外用薬が入っていたとするなら、平成25年出荷分の漢方クリームのみが、効きすぎるという事だったのか?

管理人が調べた範囲ですが、山口医院の漢方クリームは、ステロイドが入っていないにもかかわらず、「当院での治療の特徴 中国漢方、漢方クリーム(ステロイドは使用しておりません)による治療ですが、治療を始めると、非常に短期間(約2週間)で誰の目からでも治療効果を確認できます。 」と謳われていた訳で、それならば、一体なんという成分が効いて、アトピーの炎症が治まっていたのかを、今回は明かにして欲しく思います。

山口医院に通院したいた方の中には、件の漢方クリームが、ステロイドが入っていないのに、アトピーに対して素晴らしい効果を発揮してくれると、様々な所で宣伝していた患者さんが大勢いたようです。

おそらく、その方々は、今頃皆、肩身の狭い思いをしている事でしょう。。。

また、なによりご本人たちも、知らず知らずのうちに最強ステロイドを使っていた訳で、副作用への不安に怯えている事と思います。

これは、以前お医者様が仰った事なのですが現在の医学で、ステロイド外用薬以外で、アトピー性皮膚炎の炎症を抑える事が出来るお薬は存在しないそうです。

もし、本当にその様なお薬、アトピーの炎症を抑える事に極めて高い効果を発揮する成分が有り、副作用の心配も無いというのであれば、皆、その成分を使うとの事。(当たり前ですよね。)

悲しいかな、世間ではステロイドは副作用が怖いという情報が過剰に出回っている為に、その様な情報に振り回され、脱ステロイドを求め、今回の山口医院の「ステロイドの入っていない漢方クリーム」に行きつき、結果として最強ステロイドを使っていたというのは・・・悲劇としか言いようが無いというか、厳しい言い方になるかもしれませんが、ステロイドに不安を持つ方の気持に付けこんでると糾弾されても仕方が無いのでは、とさえ思います。

管理人の母も、実はステロイドは副作用が怖いという噂をママさんネットワークで聞いた時などに、管理人と弟に病院で処方されたお薬を使うのを止める様に言い、どくだみを煎じたモノを塗ったり等の民間療法(幾つか試させられましたが、私見ですが、何れも治療には全くと言ってよいほどなっていないように思います。)でアトピーを治そうと試みました。

何れも芳しい結果とならず、アトピーは悪化するだけで、最終的には皮膚科のお薬に戻るという事を何度か繰り返しました。

ステロイドの副作用を懸念なさる方に進言したいのですが、多くの専門家、お医者様が支持する治療法、お薬であるステロイド外用薬以外で、もし本当にアトピーの炎症を抑えるお薬が有ったとしたら、それは大発見であり、学会なりで発表され、多くの専門家から支持されて当然のはずです。

これまでも何度か、似たような事例、ステロイドが入っていないと謳われたモノに、ステロイドが入っていたという事件が起きています。

もし、ステロイドが入っていないのに、アトピーの炎症を抑える事が出来るのであれば、それこそ一体何という成分がアトピーの炎症に効くのか、絶対に明らかにして貰うべきなのです。

私見ですが、今回、及び、これまでの事件から言って、ステロイドが入っていないと謳われながら、アトピーの炎症を極めて高い効果で抑えてくれる!と宣伝されている場合は、本当にステロイドが入っていないのか、ステロイドが入っていないのなら、一体何という成分がアトピーの炎症に作用するのか、きちんと明らかにすべきと強く思いました。

最後に、この漢方クリームを使って来られた方に、眼科での検査をお勧めします。

管理人は、瞼の裏にアトピーを患い、ステロイド点眼薬で瞼の裏のアトピーを治療しています。

主治医の先生、眼科医より、ステロイドの眼への副作用をきつく言われており、月2回の眼科での眼圧検査と眼底検査が欠かせません。

ステロイドは、目に副作用が起こりやすいのです。

眼科に行き、最強ステロイドを顔に塗っていた事を告げ、眼圧検査、眼底検査を受ける事を強くお勧めします。


記事下に、ソーシャルボタンを設置させてもらっています。当サイトをFacebookやはてなブックマーク、Twitter等でシェアして頂き、アトピーの悩みを持つ方と情報を共有させて頂けましたら幸いです。 アトピーに悩む方、アトピーと戦う皆さんと情報をシェアしながら、当サイトを充実したものにさせていければ、と考えています。