アトピーの治療.comのサイト内の画像には、劇薬に分類されるステロイド外用薬等のモノもありますが、いずれも管理人のアトピーの為に処方されたお薬であり、アトピーに悩む方の参考の為に掲載しているモノです。
当サイトの画像や文章の無断転載、二次使用は、硬くお断りいたします。



アトピー性皮膚炎で治療している人間は、少なからずショックを受けたであろう、横浜市都筑区の山口医院のステロイドの入っていないと謳われていた漢方クリームに、最強ステロイドが入っていた一件。。。

このショッキングなニュースをご存知ない方の為に、簡潔に綴りますと、横浜市都筑区の山口医院で、ステロイドが入っていないとして処方していた漢方クリームに、ステロイドのランクⅠ群・ストロンゲストのランクのステロイドが入っていたそうなんです。

参考⇒ステロイドと漢方の憂鬱

アトピーステロイド外用薬 デルモベート軟膏 

因みに、上の写真が、今回の山口医院で処方されていた漢方クリームと同じ強さ、ランクⅠ群・ストロンゲストのデルモベート軟膏になります。(劇薬を表すと思う「劇」の字が有るの、見えますでしょうか?)

管理人がこのお薬を処方される時には、必ず内服薬で抗生物質も一緒に処方されます。

抗生物質

上の写真は、管理人がデルモベートと一緒に処方される抗生物質で、抗生物質が一緒に処方される位、デルモベートというか、ステロイドのランクⅠ群・ストロンゲストのお薬は強いお薬なのです。

この山口医院では一体、どれ位の患者さんにこの漢方クリームが処方されてきたのか、どの様な症状の、どの部位に、どれ位の期間処方されていたのか・・・同じアトピーに悩む人間とし、被害に遭った患者さんに同情を禁じ得ません。。。

もし・・・もしですが、顔にも塗っていたとなると・・・顔はただでさえ皮膚が薄く、かつステロイドの副作用が起こりやすい「目」が有る訳で・・・顔のアトピーの場合、ステロイドのランクⅣ群のモノが処方される事が一般的ですので、もし、この漢方クリームにステロイド(しかも最強ランク)が入っている事を知らずに、目の周りや瞼のアトピーに塗っていた方がいたら・・・ステロイドの副作用による眼圧上昇、それに伴う緑内障、そして、ステロイド性白内障が懸念されます。(ですので、個人的には今回の漢方クリームを使っていた方で、顔、特に目の周りや瞼のアトピーに塗っていた方は、眼科での検診を強くお勧めします。瞼の裏にアトピーが有り、眼科でステロイド点眼薬で治療している管理人は、ステロイドの副作用が起きない様、月に2回、眼科で眼圧検査と眼底検査を受けています。)

実はこの件を友人と話していて、先程、実際に横浜市都筑区の山口医院に通院なさっていて、漢方クリームを処方されていた方のサイトを教えてもらいました。。。

そのサイトを綴っている方は、アトピーだったのかは解りませんが、肌にお悩みを抱えていらした様で、件の漢方クリームを処方されたそうです。

そして、この漢方クリームを使った感想が綴って有ったのですが・・・この漢方クリームを使い始めたら「ステロイドか!?」と思うほど肌が瞬く間に良くなった!という一文に、胸が痛みました。。。(皮肉な事に、この漢方クリームにステロイドが入っているのが発覚したのは、この漢方クリームは効き過ぎるが、大丈夫か等の相談が相次ぎ、国民生活センターが調査したところ、ステロイド成分が含まれていることが判明したそうです。)

そのサイトを綴っている方が、ステロイドが入っていないという謳い文句を全く疑うことなく、処方して下さった先生の事を信頼なさっている様子が綴って有り、肌の悩みを解決する漢方クリームを作って下さった先生を、自慢の主治医と思っていらした感じで・・・ステロイドが入っていた事が明らかになった今、恐らく深く深く傷ついているだろうな・・・と思うと、気の毒で泣けてきそうでした。

この方は、顔に使っていた様で、最強ランクのステロイドを顔に塗っていた訳ですから、副作用の不安も抱えてしまったのでは・・・と拝察します。

報道によると、4月4日に山口医院は説明会を開くとの事ですが、何故、この様な事が起きてしまったのか・・・しっかりと原因、真実を明らかにして欲しいと思います。


記事下に、ソーシャルボタンを設置させてもらっています。当サイトをFacebookやはてなブックマーク、Twitter等でシェアして頂き、アトピーの悩みを持つ方と情報を共有させて頂けましたら幸いです。 アトピーに悩む方、アトピーと戦う皆さんと情報をシェアしながら、当サイトを充実したものにさせていければ、と考えています。