アトピーの治療.comのサイト内の画像には、劇薬に分類されるステロイド外用薬等のモノもありますが、いずれも管理人のアトピーの為に処方されたお薬であり、アトピーに悩む方の参考の為に掲載しているモノです。
当サイトの画像や文章の無断転載、二次使用は、硬くお断りいたします。



アトピー性皮膚炎の場合、通常、ステロイド外用薬と内服薬の抗ヒスタミン薬、あるいは抗アレルギー薬での治療となります。

それぞれの薬の役割は別れており、ステロイド外用薬はアトピーの炎症を抑える塗り薬、そして抗ヒスタミン薬、あるいは抗アレルギー薬はアトピーの痒みを抑える内服薬となります。

ですが、アトピーの症状が全身に出ていて、かつ重症である場合、ステロイド内服薬を処方される事が有ります。

ステロイド内服薬

軽症、あるいは中程度のアトピー性皮膚炎の場合、ステロイド外用薬でアトピーの炎症を抑えられるので、ステロイド内服薬が処方される事はまず無いそうです。(ステロイドの副作用を避ける為)

ですがアトピーの炎症が全身に出ていて、かつ重症の場合、ステロイド外用薬だけでアトピーの炎症を抑えようとすると、長い日数がかかってしまいます。

また、その間アトピーの痒みは患者の大きな負担にもなります。

特に、アトピーが重症で、全身の激しい痒みにより、昼夜問わず掻き続けていると、肉体的はもとより、精神的にも疲労困憊してしまいます。

そこで、このような重症のアトピーの場合、ステロイド外用薬と共に、ステロイド内服薬が処方される事が有ります。

管理人の記憶の範囲で、2~3度、ステロイド内服薬を処方された事が有ります。

ステロイド内服薬の服用

管理人がステロイド内服薬を処方された期間は、いずれも短期間でした。

当時の主治医の先生の判断で、ステロイド外用薬だけでアトピーの炎症が治まっていない事を言われ、身体の中からもアトピーの炎症を抑えるよう、補助的な役割でステロイド内服薬を処方する旨を説明されました。(後に、病院を替わったのですが、次の病院の先生は、前の病院でステロイド内服薬を処方された事を聞き、少し驚いていました。。。ステロイド内服薬は、副作用を考えると、とてもお勧めできない!との事。。。同じ症状でも、ステロイド内服薬の使用は先生により判断は別れるようです。)

管理人がステロイド内服薬を処方されたのはかなり前なので、記憶が定かではなりませんが、10日分くらいを処方されたように記憶しています。

そして、その位の短期間の使用なら、ステロイドの副作用はしんぱいないことも説明されました。

管理人の場合、ステロイド内服薬で困ったというか、お医者様・先生が困ったのが、瞼の裏のアトピーが発症した時でした。

アトピー性白内障とステロイド内服薬

瞼の裏にアトピーの有る管理人、この瞼の裏にアトピーが発症した当時は、瞬きの度にアトピーのブツブツが眼球を傷付け、大変な状況でした。

瞼の裏のアトピーは、アトピーという皮膚病ながら、眼科での治療になります。

そこで、眼科でステロイド点眼薬を用いての瞼の裏のアトピー治療が始まったのですが・・・

フルメトロン点眼薬

写真は現在、管理人が瞼の裏のアトピーに処方されているステロイド点眼薬。

当初、とにかく瞼の裏のアトピーのブツブツを抑えない事には、網膜剥離、最悪失明の恐れもあるから、皮膚科に行って、瞼の裏にアトピーが出た事を伝え、飲み薬を処方してもらうよう言われたのです。

因みに眼科ではアトピーの飲み薬、内服薬は処方できないので、皮膚科に行くように言われました。

そこで皮膚科に行き、瞼の裏にアトピーが出た事を話した上で、アトピーのお薬・内服薬として痒み止めを処方してもらったのですが・・・当初、ステロイド点眼薬でなかなか管理人の瞼の裏のアトピーが良くならず、また、白内障の恐れもある事から、ステロイド内服薬等、少し強いお薬を処方してもらえないか皮膚科の先生に相談するように言われました。

眼科の先生からは、アトピーの合併症と眼の事を強く注意喚起され、なるべく早く瞼の裏のアトピーを抑える必要が有る事を言われたのですが・・・その事を皮膚科に行って診察の際に先生に言うと、皮膚科の先生はステロイド内服薬の使用は勧められない、との事で・・・アトピーという皮膚病を眼科と皮膚科で治療する難しさを知った思いでした。。。

幸いにもその後、ステロイド点眼薬の治療が効果を出し始め、瞼の裏のアトピーに関してはステロイドのランクダウンに成功して今日に至っています。

ですが、アトピー治療に用いられるステロイドの副作用、そして、アトピーという皮膚病を眼科と皮膚科で治療する難しさをまざまざと知った思いでした。。。


記事下に、ソーシャルボタンを設置させてもらっています。当サイトをFacebookやはてなブックマーク、Twitter等でシェアして頂き、アトピーの悩みを持つ方と情報を共有させて頂けましたら幸いです。 アトピーに悩む方、アトピーと戦う皆さんと情報をシェアしながら、当サイトを充実したものにさせていければ、と考えています。